EaseUS Todo BackupでクローンするにはやっぱりHome版か!?

pc周りの機器・ソフト
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html よりエディション間比較

クローンしようとしたのだが・・?

ノートパソコンのSSD250GBをSSD1TBに換装して早1年・・
パソコンを新しく購入したので前に換装したSSD1TBを使いまわすことにしました。

そこで再度SSD250GBにクローンし直そうと以前使っていたEaseUS Todo Backup Freeをインストールし直して使おうとしたところクローンができませんでした。

なぜ!?

EaseUSのホームページのエディション比較ページより確認してみると

https://jp.easeus.com/backup-software/free.html よりエディション間比較

なんと、free版ではクローンができなくなっていました!

マジか~ちょっと悲しいですが、考えてみればOSのクローンしてくれるソフトを作成するのはかなり労力要りそうですし、贅沢を言うのはやめますか。

なんとかして新しいSSDにクローンしたいなと思っていた矢先、なんと

EaseUSさんから案件をいただきました! 感謝です!

ということで今回EaseUS Todo Backupのhome版より実際にクローンしてみようと思います。

また、注意事項として今回の記事で扱うOSはWindows10です。

ディスクのフォーマット

まずはクローン先となる新しいSSDをフォーマットします。

新しいSSDを外付け用のケースに入れてパソコンに接続すると「ディスクの管理」という画面に表示されます。

ディスクの管理を開くにはWindows10だとWindowsのロゴマークを右クリックすると下画像のように一覧が表示されその中にディスクの管理(赤枠)があります。

ディスクの管理をクリックすると管理画面が表示されます。

管理画面が表示された段階で外付けした新SSDを初期化するポップアップが表示されます。
この画面を使ってそのまま初期化しても良いですがその前に確認したいことがあるのでそのポップアップを一旦消します。
確認したいことはクローン元(コピーしたいデータが入っているディスク)のパーティションスタイルです。

確認方法はディスクの管理画面の下に表示されているディスクの内確認したいディスク(今回私がコピーしたいのはディスク0)を右クリックすると下画像のようにメニューが表示されます。

このメニューの中のプロパティをクリックしてボリュームタブを表示するとディスク0のパーティションスタイルが確認できます。

パーティションスタイルにはMBRとGPTの二種類あるようなのですがディスク0ではGPTで設定されているようだ。

ということでいよいよ外付けの新SSDをフォーマットします。

ディスク管理画面の下に表示されている内、外付けのSSDを選択します。(今回の場合はディスク1)
すると下画像のメニューが表示されるので「ディスクの初期化」をクリック

すると下画像のような画面が表示されます。

なんだか色々書いていますが、「選択したディスクに次のパーティションスタイルを使用する」の項目で先ほど確認したクローン元のディスク0のパーティションスタイルと同じスタイルを選択します。

okをクリックすると新SSDのディスク1が不明となっていたのが「ベーシック、オンライン」の文字に代わっていることがわかります。

その後、隣の「未割り当て」となっている領域を右クリックすると下画像メニューが表示されるので「新しいシンプルボリューム・・・」をクリック

するとウィザード開始画面が表示されるのでそのまま次へ進むと下画像が出ますがなにもいじらず「次へ」をクリックします。

そのまま進むと下画像が表示されます。

この画面ではデフォルトままで良いですが一応「クイックフォーマットする」にチェックが入っていることを確認

これで次へ進んでフォーマットを実行するとさっきまで未割り当てだった箇所が正常にフォーマットされます。

実際にクローンしてみる

さて・・ここからが本題のクローンです。

やっとこれで古いパソコンから1TBのSSDを開放し使いまわせるようになります。

じゃあさっそくEaseUS Todo Backup homeを使っていきます。

EaseUS Todo Backup homeって何ができるの?という方はこちらをチェック!

起動すると左側のメニューに下画像の項目があると思います。

この「クローン」をクリックします。

すると最初はクローンのソースを選択する画面になるかと思います。

このソースというのはクローンしたいOS等が入っているディスクのことです。

今回の場合はディスク0なので下画像のようにハードディスク0の左上のチェックボックスにチェックをいれます。
このチェックはハードディスク0のすべての領域を選択します。

私は最初TI~とData D:だけで良いだろうと思い、この二つだけ選択してクローンしてみたことがありますが、全くWindowsが起動しなくなったことがあるので必ずほかの項目(Other等)も含めてください。

次へ進むと今度はターゲットを選択する画面になります。

このターゲットとはOS等をクローンする先のディスクを指します。(今回はハードディスク1)

ターゲットのときも画像の赤枠のチェックボックスにチェックを入れます。

そして今高度なオプション、編集をいじります。

高度なオプションをクリックすると下画像のように三つの項目が表示されます。

今回はSSDにクローンするので「SSDに最適化」にチェックを入れてokをクリックします。

(ふと思ったけどもともとクローン元のディスクもSSDなので今回のケースの場合SSDに最適化要らなかったかも検証はしていないけど・・・)

編集をクリックすると下画像のようにターゲットのパーティションをある程度設定できるみたいです。

白と灰色のチェック模様のバーがなにも割り当てられていない部分なのですが時々それが1~2GB分になっている時があり非常にもったいない時があるのでこの画面でチェックし、どこにも割り当てられていなかったらメインのドライブにくっつけたりして調整します。

ターゲットの設定が完了し、次へに進むとソース、ターゲットの最終確認画面が表示されます。

この画面でちゃんとソースとターゲットのディスクに間違いが無いか確認してください。

間違いが無いことを確認したら実行をクリックすると下画像の注意画面が表示されます。

当然ターゲットに選んだディスクにソースの中身をクローンするわけなのでターゲットのディスクの中身は消えます。

今回、ターゲットのディスクは初期化をしているので問題なく続けます。

そしたら下の画面が表示されクローンが完了するまで待つだけです。

とまあここまででSSDへのクローンは完了しましたが、この記事を見て分からない部分、説明不足な箇所がいくつかあるかと思います。

大丈夫!

下の公式サイトにより詳しいやり方が記載されています。
(ただし、下のリンクに記載されているのはHDDのクローンです。ただ今回の記事とほぼやり方は同じです)

しかもSSD換装後、起動しない場合などのトラブル時の対処法も載っていますので是非確認してみてください

データのバックアップ

ついでにEaseUS Todo Backup Homeではデータをバックアップすることもできるみたいなのでやってみます

今回バックアップするファイルは下の画像ファイルです。
デスクトップ上に用意してimgsフォルダごとバックアップします。

EaseUS Todo Backup Homeのメイン画面(下画像)から「ファイル」を選択します。

すると下画像のようにバックアップ画面に映るため左のメニューからバックアップしたいファイル・フォルダを選択します。

今回は先ほどのimgsフォルダごとバックアップするので下画像の赤丸部分をクリックします。

その後、参照ボタン(上画像の青丸)をクリックします。

すると下画像のように選択画面のポップアップが表示されます。

今回はgoogleドライブにバックアップを取るので上画像の「クラウドデバイス」を選択します。

そしたら下画像のクラウドドライブの選択画面が出るので「Google Drive」を選択します。

その後は自分が保存したいgoogleアカウントを選択して続けていくとブラウザ画面に以下の文字が表示されます。

「Authorization success. Please return to EaseUS Todo Backup to continue creating backup.」

それが済むとバックアップ先の選択画面でGoogleDriveが選択できるようになっているはずです。

選択後バックアップ画面で実行ボタンをクリックすると指定したGoogleDriveにファイルがバックアップされます。

今回はEaseUS Todo Backup Homeの有料版でバックアップをしましたが、無料版でもバックアップは可能のようです。

また、外付けのHDDをバックアップすることも可能なので下のリンクを参考にしてみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

もしかしたらこの記事を見てる人の中にデータのバックアップを取りたい人、初めてSSDを換装しようと考えている人、初めてOSのクローンしようと考えているけど失敗してパソコンがだめになったらどうしようと心配している人もいるかもしれません。

これを機にEaseUS Todo Backup Homeを使ってみてはいかがでしょうか。

EaseUS Todo Backup Homeは基本的に有料ですが、体験版もありますので使ってみて気に入ったら購入するのもありかと思います。

私はFree版でも使ったことがありましたが、特にこのソフトを使って大きな問題が起きたことはなかったので使ってみるのもありかと・・

ここまでこの記事を読んでくれてありがとう!

また、fetch技術レポートを見てお声をかけていただいたEaseUS様にも感謝いたします。

ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました